理 念

いちばん大切にしたいものをカタチに


大切なものとは何でしょうか。
何を思い浮かべるのでしょうか。
たった一言のことばかもしれない。
長く思い入れのある一品かもしれない。
ふと思い出すいつかの風景かもしれない。
人によって考え方や価値観が異なり、
その数だけ大切なものは無数に存在しています。

私たちはそこからキラリと輝く原石を丁寧に拾い上げ、 丹念に磨くことで、確かな魅力をもったものに変えていきます。 本当に大切なものとは何か。 それを見極め、いちばん大切にしたいものをカタチにする。 私たちはデザインでそのお手伝いをできればと考えています。


※この写真は実際に妻に送った紙の指輪です。(写真撮影:徳田さん)


● 当社について

高上旭デザイン事務所は東京の下町、荒川区西尾久を拠点として
グラフィックデザインのお仕事をしています。


当社の強み

○ 結婚式などの祝賀用ペーパーアイテムの企画・デザイン
理念である「一番大切にしたいものをカタチに」を最も体現するのが、結婚式を初めとした祝賀用のペーパーアイテムです。既存のアイテムには定型的な表現が多いですが、結婚式のケースならお2人に気持ちや希望に寄り添った実現できるオリジナルなアイテム作りで特別な日を彩ります。
・結婚式の招待状、席次表、その他キーアイテム
参考事例


○ 店舗や企業のブランディング業務
小さな商店さまなど限られた予算の中でも、小規模な事務所だからこその機動力を活かして、効果的な企画・デザイン提案を行います。
・ロゴ(CI計画)
・名刺、封筒、フライヤーなど(VI計画)
・冊子、パンフレット
・WEB製作 など

○ まちづくりなど公益性のある広報資料デザイン
建築のバックグラウンドを生かして、行政や団体等のまちづくりに関連するビジュアル資料の製作業務を行っています。
・フライヤー
・マップ
・イラスト(まちを俯瞰したアクティビティなど)
・インフォグラフィックス(統計資料などを分かりやすく表現) など
参考事例